友人との久々の食事が楽しみです。

久しぶりに仕事終わりに友人と食事に出かける約束をしています。私が好きな回転寿司のお店に行くことになっているので、それも楽しみです。
以前から、私が食虫植物が好きで育てているということを話しており、先日植物園へ行ってきたときの写真や資料を見せて話を聞いてもらおうと思っています。

また、友人が取り組んでいる仕事のことも興味があるので、そのこともいろいろ教えてもらおうかなと思っています。
数年前までは、友人とは同じ職場でしたが、お互いに転職をして今は異なる職場のため、頻繁には会えませんが、月に1回くらいのペースで食事に行っています。

私の今の職場の話や愚痴を聞いてもらうことも多く、逆に友人の相談も聞いたりすることもあるので、お互いを頼りにしているところがあり良い関係性だと思っています。
いつも通り、地下鉄の駅で待ち合わせて、友人の車で食事に出かけるので、ドライブもかねていろいろな話ができるので楽しいです。

仙台光のページェント

私にとってイルミネーションと言えば仙台光のページェントが頭に浮かびます。
仙台市内の目抜き通りにケヤキ並木があり、そのケヤキ全てにイルミネーション電球が取り付けられてケヤキ並木がその小さなイルミネーション電球の光の中に包まれて並木の真ん中の小雪がチラつく小道を夫婦で歩くと結婚40年の古女房でも恋人気分になれます。

多分イルミネーション電球の光がLED電球や色付きのクリスマス用ではなくて、素朴な普通の電球色だからなおさら雰囲気が良いのだと思います。
そのイルミネーションが6・7・8・9時とキリのいい時間に消灯され数十分後に再点灯されます。
消灯される時間を知っているので、その時間と同時にロウソクの炎を吹き消す様にフーッと息を吹く事が定番となっています。

翌年、松島観光に行った時、光のページェント期間中の電気代が高いので「LED電球に買い換える」との話しを聞きました。
イルミネーションの販売店でも、LEDが今は主流ですからね。時代なのかもしれません。
震災後カキを食べに三たび行った時には「買ったばかりのイルミネーション用LED電球が保管してあった倉庫ごと津波に流された」との話しを聞いて、とても残念に思いました。らの一人言でした。

川崎ハロウィン

川崎駅を出ると、妙に人が多い。しかも仮装してる人だらけ。
そか、今日は川崎ハロウィンなんだな。
なんて思いつつ、それにしても、めちゃめちゃ多い。

いさご通りへ向かう途中、警察の護送車3台。
川崎ハロウィンは、ラチッタデラ周辺だけだと思っていたけれど、
今年は全域でやるのかな?

いさご通りを離脱し、駅前へ向かった。
もう、人が多すぎ。
仮装パレードやってる。
車の上で踊ってる人もいる。
市バスもハロウィン仕様。

地下入り口、多くの人が集まっている。
いつものアレか。
1体だけ仮装していた。

帰りは溝の口に寄ってお買い物。