Category Archives: イルミネーション

イルミネーション設置に頑張るお父さん!

以前は、ハロウィンの概念があまり無く「イルミネーション」と言えばクリスマスでしたね?
都心でのパーティーや、デパート・スーパーでも盛り上がりを見せているハロウィンですが…。
子供達が騒ぎ出すと、お父さんは頑張らないといけないイベントが増えます!

イルミネーションも、また違った切り口で勝負する事になってきます。
ホームセンター等で、新しい商品が販売されているとチェックが始まりますね?
最近は、ソーラーパネル採用の「エコモデル」は当たり前になりました。

しかし、ここで問題があります…。
いくらソーラーパネルの性能が上がっても…日照条件が悪いと意味がありませんね?
せっかく、配置からアイテムセレクトしても直ぐに真っ暗では情けないです…。
カッコいいお父さんを演出するには、”電気知識”は必須条件だと思います。
実は、配線からが本当の見せ所だと確信しています!

安易な配線は、事故やトラブルが付き物です。
防水延長ケーブルやタイマー設定で、”出来るお父さん”を見せつけましょう!
奥さんにも、程々ウンチクを述べると株が上がりますよ!
ここは、あくまでも程々が大事です!
さりげなく、テキパキ作業で綺麗なイルミネーションは惚れ直しのきっかけになる…。
そう信じて頑張りたいですね?

クリスマスのイルミネーションを安全に楽しむために

もうすぐクリスマスです。
街中では11月の半ばには商店街のイルミネーションが豪華に点滅しはじめます。
そして住宅街にもちらほら玄関先のクリスマスツリーやトナカイとサンタクロースなどのイルミネーションが輝きます。
小さなお子さんがいる家庭で子どもたちの楽しみの為にイルミネーションを飾るのでしょう。

自宅でイルミネーションを安全に楽しむ為に、電気の安全に気をつけましょう。
小さなお子さんがいる家庭ではコンセントに子どもが触ったりしないように普段から注意しているはずです。
指をなめて濡れた手でコンセントに触ると感電して大変な事故になってしまいます。
そうした感電事故防止のためにコンセントキャップをしている家庭も多いでしょう。
クリスマスイルミネーションの為に新しいコンセントを接続する時、外す時にそうした安全装置や対策を忘れないようにしましょう。

また電気コードに足をひっかけて転んだり、ツリーを倒したりしないように気をつけます。
子どもがツリーのある部屋に入る時には、抜けかかったコンセントがないか確かめる習慣を身につけましょう。

外にイルミネーションを設置する時には、その電気器具の取扱説明書に従いましょう。
電気コードの長さが足りなくて、延長コードを使うと雨で接続箇所がショートする危険があるので屋外での延長は禁止されています
。一気にショートすればブレーカーが落ちるので大きな支障はありませんが、くすぶると発火する危険もあるのでやめましょう。

仙台光のページェント

私にとってイルミネーションと言えば仙台光のページェントが頭に浮かびます。
仙台市内の目抜き通りにケヤキ並木があり、そのケヤキ全てにイルミネーション電球が取り付けられてケヤキ並木がその小さなイルミネーション電球の光の中に包まれて並木の真ん中の小雪がチラつく小道を夫婦で歩くと結婚40年の古女房でも恋人気分になれます。

多分イルミネーション電球の光がLED電球や色付きのクリスマス用ではなくて、素朴な普通の電球色だからなおさら雰囲気が良いのだと思います。
そのイルミネーションが6・7・8・9時とキリのいい時間に消灯され数十分後に再点灯されます。
消灯される時間を知っているので、その時間と同時にロウソクの炎を吹き消す様にフーッと息を吹く事が定番となっています。

翌年、松島観光に行った時、光のページェント期間中の電気代が高いので「LED電球に買い換える」との話しを聞きました。
イルミネーションの販売店でも、LEDが今は主流ですからね。時代なのかもしれません。
震災後カキを食べに三たび行った時には「買ったばかりのイルミネーション用LED電球が保管してあった倉庫ごと津波に流された」との話しを聞いて、とても残念に思いました。らの一人言でした。